「北海道キャンプ情報メディア」札幌を中心に北海道全域のキャンプ情報を発信しています!

冬のキャンプのストーブは何が良い?種類別おすすめ3選

冬のキャンプに欠かせないストーブ!ストーブと言っても、種類が沢山あってどれを選べば良いか悩みますよね?

今回は、冬キャンプにオススメのストーブを種類別にしてご紹介いたします。

冬によく使われているストーブの種類

冬のキャンプの中で、よく使われているストーブが2種類あります。

  • 石油ストーブ
  • 薪ストーブ

どれも、冬のストーブとして人気ですが、それぞれ特徴があるので、種類別に解説していきます。

石油ストーブ

石油ストーブは、灯油を使うストーブなので一般家庭で利用されている事が多く、電気いらずなので、どこでも使う事ができます。

キャンプ以外に、災害が起きた時でも使う事が出来るので、一家に一台あると便利です。

石油ストーブには、「反射式」と「対流式」の二種類があり、反射式は、熱焼部分の奥の方に反射板があるので、熱焼部分が反射板に反射させるので、一定の場所を暖める時にいいです。

対流式は、見た目がレトロで、360度熱が出るタイプ。360度熱がでるので、対流式ストーブを囲んで、暖をとることができるのでオススメです。

薪ストーブ

薪ストーブは、ストーブの中でも、一番キャンプのイメージに近いのではないでしょうか?

ログハウスや、煙突が無いかぎり家では使うことができないので、キャンプでは思いっきり薪ストーブを楽しむというのも良いですよね。

そんな、薪ストーブは、薪と燃料を用意しなければいけないため、重さがあります。本格的にキャンプを味わいたい方におすすめです。

ストーブの選び方と注意点

ストーブを選ぶ時に確認した方がいいのは安全性、用途、コスト、重さです。

1.安全性

ストーブ選びの中でも、一番大事なのは、安全性です。特にテント内でストーブを使いたい時は、テント自体がストーブを使うのに適しているのか、またはテント内でも使えるストーブなのか、どちらも確認する必要があります。

火事や、一酸化炭素中毒を出さないためにも、安全性を怠るような事は決してしないようにしてください。換気もこまめにするようにしましょう。

2.用途

ストーブによっては、大人数と小人数で使えるストーブが変わってきますので、用途に合わせて、買うようにしましょう。

3.コスト

コストも、ストーブによってはピンキリです。ストーブだけでは無く、薪や灯油にもコストがかかるので、その点も忘れずに選びましょう。

4.重さ

ストーブは、灯油や薪等が必要になるため、どうしても重さが出てきたり、車の中に詰めても場所をとりがちです。自分で運べるかどうか重さをチェックしておきましょう。

石油ストーブおすすめ3選

ここでは、おすすめの石油ストーブ3選をご紹介いたします。

TOYOTOMIレインボー「対流形石油ストーブ」RB-250-W

  • 重量:約6.2kg
  • タンク容量:4.9L
  • 燃焼継続時間:20.2〜40.2h
  • 熱焼消費量:0.122〜0.243/h

トヨトミレインボーストーブは、デザインがシンプルで熱焼時、七色に輝きます。炎の輪が七色に光り輝くのを見ていると、とても癒されますよ。

CORONA(コロナ)「石油ストーブ対流型」SL-5119(W)

  • 重量:9.9kg
  • タンク容量:6.0L
  • 燃焼継続時間:12時間
  • 燃料消費量:0.5L

可愛いデザインのうえに、しっかりと温めてくれます。タンクに灯油を入れる時は、取り外しがきかないので、直接本体に給油するタイプになります。

CORONA(コロナ) 「石油ストーブ」RX-22YA(HD)

  • 重量:7.4kg
  • タンク容量:3.7L
  • 熱焼継続時間:約17時間
  • 燃料消費量:0.218L

コスパが良く、給油がワンタッチで出来ます。手に灯油がつかないために、「よごれま栓」で汚れないようにできています。

薪ストーブオススメ3選

ここでは、おすすめの薪ストーブ3選をご紹介いたします。

ホンマ製作所「黒耐熱窓付時計型薪ストーブ」

  • 重量:6.7kg
  • サイズ:幅40×奥行60×高さ40cm
  • 煙突径:106mm
  • 最大熱出力:3,600kcal
  • 最大薪長さ:500mm

暖かいのはもちろん、料理も出来るので使い勝手がかなり良いです。ガラス窓が正面についているため、炎を楽しむこともできます。

新保製作所 薪ストーブ キャンプセット角型窓付きガードなし

  • 重量:8.1kg
  • サイズ:奥行680×巾335×380mm
  • 煙突径:106mm
  • 最大熱出力:記載なし
  • 最大薪の長さ:500mm

ガラスなので曇りにくく、さらに、ガラスがススで汚れてしまっても、窓を取り外して洗うことも可能。煙突もセットの中に含まれています。

ホンマ製作所「クッキングストーブ」

  • 重量:6kg
  • サイズ:350×H425(煙突含め940)mm
  • 最大熱出力:記載なし
  • 最大薪の長さ:記載なし

Amazonでは、ベストセラー商品1位の薪ストーブです。コスパが良い割に暖かい、使いやすいとかなり好評です。

まとめ

今回は、冬キャンプでよく使われている代表的な石油ストーブと薪ストーブについてまとめました。

冬キャンプに絶対に欠かせないストーブ。ストーブによっては、大きさだったり熱焼の方向によって熱さも変わります。

ストーブによっては用途が違うので、まずはストーブを使いたい場所をよく考えて、必ず安全性も確認してから、購入するようにしましょう。

この記事を書いたのは「らいと