「北海道キャンプ情報メディア」札幌を中心に北海道全域のキャンプ情報を発信しています!

2021年2月洞爺湖にてオープン!!月の光キャンプ場【S】

どうも!!Sです。

前回は何回も忘れ物を確認したつもりが、テーブルやイスを普通に忘れるなどしてトンチンカンなデイキャンプでした。

さて、今回は札幌から車で約2時間程離れた場所にある洞爺湖で、2月上旬プレオープンしたばかりの月の光キャンプ場というところへ1泊2日お邪魔してみました。

ひたすら中山峠を通って向かいました。

日々の除雪のおかげで快適にドライブできています。

除雪隊の皆様、お疲れ様です。

惜しくも羊蹄山満開ならず…

国道230号沿に大きく看板が立ってあります。

僕は通り過ぎてしまい温泉街あたりから引き返しました(笑)

サイト内はしっかりと除雪がされてあり、ほとんど雪が残っていませんでした。

事前に調べてみたところ、最高気温+7°、最低気温+2°との事で極寒ではなさそうですが、実はソロでテントを張って宿泊するのは初めてだったので、突風と予期せぬ寒波などが心配でしたが、ダウンの防寒着と、−5°まで対応のシュラフを使ったのでストーブ未使用でも一夜を越せました。

まだプレオープン中で未完成ですがここのキャンプ場はソロキャンプ初心者でもとても快適に過ごせます。

なぜなら、場内設備がとても充実していたためです。

管理棟

立派な作りですよね。

薪の販売もしています。

1束300円です。

玄関

土足で上がれます。

すでに暖房が効いてて暖かいです。

炊事場

お湯や洗剤、スポンジもありました。

食器洗いもできて言うこと無しです。

炊飯器からポットまで全部使い放題です。

ウオシュレット付きトイレ

ちなみに男女兼用でした。

本当に設備の中が快適でフル活用させてもらいました。

灰捨て場

めちゃめちゃ大きいです。

管理棟前に設置しています。

利用料金

大人1名  1000円

子供(4歳〜12歳)500円

3歳以下   無料

※冬季はさらに暖房費が発生するため1泊する場合1張り1000円別途で掛かります。

高台から洞爺湖を見下ろした写真がこちら。

設営前に30分ほど眺めていました。

そして、1部直火OKなサイトもあったので僕はそこにしました。

このように置いてあったのでここで設営。

以前使っていたUnigearのタープは、固定バックルが少なく設営バリエーションが限られるため今回は持参しませんでした。

新しくDDタープの3×3をAmazonで購入。

確かに固定バックルが多く、いろんな張り方ができそうですね。

しかし、Unigearの方が生地が厚くUVカットに長けているらしいです。

Aフレームなど大きな屋根にするには適しているかも。

今回はステルス張りを試したかったのでこのタープを買いました。

ジャーン!!

ほとんどテントですねこれは。

覚えたての自在結びを。

中にシート、マットの上にシュラフを敷いたらこんな感じに仕上がりました。

ちなみにこのポールはダイソーで買った伸縮つっかえ棒です。

早速飯を。

風が結構あり肌寒かったので鶏胸肉とウインナーのトマト煮込みと熱燗で体を冷やさないように。

日没時間が17時47分との事で少々急ぎながら(汗)

食後はすでに暗く、現地の枝をかき集めキャンプファイヤー!

この時間がとにかく長かったです。

日々のちょっとした悩み事なんて忘れてしまうくらいの癒しと感動がありました。

後はテントに入り、電子書籍でゆるキャンを読みながらそのまま寝落ち。

気づいたら早朝6時に目が覚めました。

気温は2°で無風だったため体は冷えていませんでした。

朝といえば

やはりコーヒーに限りますね。

寝ぼけていたせいか、2回ほどゴトクからケトルを落としましたが(笑)

今回も時間の忘れる充実したソロキャンができて本当に良かったです。

これからどんどん気温が上がって4月以降はオープンするキャンプ場が増えていくので楽しみが増えますね。

今月の22日に定山渓自然の村というキャンプ場に行く予定ですが、その前にもどこか行けそうならまた発信するかもです。

この記事を書いたのは「S」