「北海道キャンプ情報メディア」札幌を中心に北海道全域のキャンプ情報を発信しています!

美味しいお料理にもうひと押し・調味料入れを持参して自分の味に!

お家でしっかりと味付けしてキャンプ場へ持ち込む人もいますが、その場で本格的にお料理がしたい方や完成後の隠し味などに調味料入れは大事なアイテムですね!食のこだわりが強い方はなおさら持っていたら便利なグッズになっています。

1. セリア

セリアのバックルBOX

みんなキャンプ用品のショップで購入する方が多いと思いますが、意外とセリア(百円ショップ)に売っている商品が役に立つのです!セリアにはいろんな物が揃っているのでプロの方やオシャレやアイデアが直ぐ思い浮ぶ人は、全く違う商品をそれ用と使いこなしてお家の中などをオシャレな空間に大変身させる方が多いのです。

みんなと違うアイテムを持ちたい方はいろいろな雑貨屋さんなどに足を運んで違う使い方をするのもいいですね!大きさも丁度良くてフィットするとキャンパーさん達からの話題、小さいボトルなら少なくても6本は収納出来るので必要な材料は持ち込めるのが魅力です。

こんなに安くて使い勝手がいいものなんて、他には見当たらないかもしれません!目にしたら是非ひとつは持っていたら便利、キャンプに関わらず何での収納出来るので購入おすすめ商品です。

金額:約110円

2. FIEL DOOR

FIEL DOORのWooden Spice Box

カントリーで可愛らしいFIEL・DOORのWooden・Spice ・Boxは高さもあるので調味料を違う容器に入れ替えないで、そのままの入れ物で持ち込むことができる優れものアイテムです!意外とスピード勝負のお料理、容器を入れ替えたことで「これ何の調味料だっけ?」と瞬時に見分ける行動もなくなるので便利で、まるで玉手箱のようにいろんな調味料がいっぱい収納できるのが注目ポイントです。

引き出しも付いているので小さくて細々した調味料など、スプーン・フォーク・ナイフ・箸を入てることもできるのが魅力です!丈夫でしっかりとした取っ手、木材に包まれているので中身も安全です。

黒い棒が落下を防ぐサポートをしてくれるので心強いアイテムです!お家でのキッチンにそのまま置いてオシャレに仕上げるのもいいアイデアです、お部屋での小物入れにも最適ですね。

使い方は決まっておりません!自分だけのオシャレアイテムに是非。

重量:約2.9kg 材質:スチール・パイン集成材・他 中国製

FIELDOOR 木製スパイスボックス アウトドア キャンプ キッチン 調味料 クッキングツール ケース 収納 おかもち

FIEL DOORのWooden Kitden Tool Box

FIEL・DOORのシリーズで違うデザイン!まるでお化粧道具を入れるような印象が特徴です。

収納している時は長方形のような形になるので、たくさん重ねて必要なものを持ち込みましょう!そしてキャンプ場へ到着したらボックスを開き4カ所の収納場所に自分の使いやすいように並べましょう。

しっかりとした取っ手なので頑丈で安心して持ち運びできるのが魅力です!調味料の収納として紹介していますがキッチングッズも収納可能です、例えばマナ板や包丁・お家にある調味料をそのまま入れ替えられるスペースの広さと高さがポイントです。

キャンプ場にも良く合い、木材などにより触れ合いたい方にはおすすめアイテムです!

重量:約5.8kg 素材:スチール・パイン集成材・他 中国製

3. VANITY COOLER BAG

バニティ クーラーバッグ ジェニアル

調味料の収納タイプですがクーラーの機能が備わっているのが特徴です!もちろん調味料もオッケーですが飲み物などのぬるくならないようにする事もできる優れものアイテムです。

デザインもオシャレでカラーも2種類なのでまようこともない!キャンプだけでなく買い物などで冷凍食品やアイスを入れるのにも最適なグッズです。

350mlの缶でしたら6本入り、500mlのペットボトルでしたら横に倒して4本入れることが出来る!バックの大きさも気にならないので、ちょっとしたピクニックやドライブなどに便利なアイテムです。

ファスナーなどに保冷剤を入れてより冷たいままキープしましょう!調味料も冷たい方が美味しいものもありますしね。

使わない時には畳んでペッちゃんこにしたら収納場所も困りませんし、形を崩したくない方もバックのサイズがW23センチ×D15センチ×H16センチなのであまりスペースを取らないので安心です!携帯用としても便利、持ちやすい取っ手があるので持ち込む場所のその場その場でフックに引っ掛けておくこともできる優しいポイントです。

容量:約5L 素材:PEVA樹脂・ポリエステル100%

4. まとめ

お家で使用しているものがそのまま持ち込めるので、普段と変わらずに調理が出来るというのはストレスも感じなくていいですよね?そして今では自分が使用しているキッチンアイテムも一緒に持っていけるのが魅力ですね!

この記事を書いたのは「ゆき