「北海道キャンプ情報メディア」札幌を中心に北海道全域のキャンプ情報を発信しています!

男は黙って、これで焼け!

みなさん、こんにちは!

生粋の江戸っ子K.Sです(*'ω'*)

みなさんはキャンプ中、当然料理をしますよね・・・?

BBQにジンギスカン、焼肉と美味しいものがいっぱいですよね🤩

その際の料理に欠かせないアイテムといえば、鉄板ですよね。

今回は、ワイルドインパクトある鉄板をご紹介します。

大久保鉄工より、男爆鉄板(おとばくてっぱん)です!

黒くてカッコいい鉄板ですよね😎

では、この商品の特長を1つずつ見ていきましょう!

1 手作りの安心感!

近年では機械化が進み、ロボットでものづくりをするメーカーも増えましたよね。

しかし、この鉄板は工程の全てが手作りで作られています!

製造元の大久保鉄工は、平成4年(1992年)の創業です。

今年で創業30年を迎える老舗鉄工会社ですね🎵私K.Sより年上です!

大久保鉄工の本社は、旭山動物園で有名な旭川市にあります。

ですが、山梨県でこの鉄板は作られています。

ご存じのように、山梨県は山の多い県です。

日本の象徴である富士山も、山梨県にまたがっていますよね🗻

その山梨県に住む職人たちが、全て手作業で鉄板を作っています!

職人たちはみな、山梨の大自然の恵みや厳しさを体験しています。

その大自然を生き抜く職人たちが丹精こめて作る鉄板が、男爆鉄板なのです!

「自然の一部を感じられるような作品を作りたい」

そういった思いで職人たちはみな鉄板を手作りしているのです。

このため機械では出せない愛着や使い心地が味わえますよ(^^♪

2 シーズニングでさらに長持ち!

鉄板は使う前にシーズニングというお手入れが必要になってきます。

ここでシーズニングのやり方と手順を、順を追ってご紹介します!

① 中性洗剤で鉄板全体を洗う

男爆鉄板には、あらかじめ植物性オイルが塗ってあります。

これを一度洗い流すため、洗剤で洗浄しましょう。

皆さんのご家庭で使用されている洗剤で大丈夫ですよ(^^♪

洗うときは、亀の子たわしで洗うのがポイントですよ!

金属たわしは、鉄板が傷ついてしまうので避けましょう🆖

② から焼きをする

鉄板の水分を取るため、まずはから拭きをします。

そして、コンロやバーナーを使い、弱火でじっくり焼きます。

これをから焼きといいます。

このとき、焼く具材は必要ありません。

しばらくすると白い煙が出ますが、そのまま焼き続けましょう。

煙が出なくなるまで焼いたところで、火を止めます。

③ 油を塗って冷やし、また加熱

火を止めたら、オリーブオイルなどの食用油を鉄板全体に薄く塗ります。

その後、一度鉄板を放置して冷やします。

手で触っても平気なくらい冷ますのが理想です。

あとは②の作業と③の作業を3〜4回繰り返してください。

④ 野菜などを実際に炒める

繰り返しが十分に済んだら、野菜などを炒めてみます。

その際、加熱したものは、食べずに捨ててください。

ちなみに、野菜を炒める理由は、鉄の匂いを消すためです。

⑤ 中性洗剤で洗って油を塗る

野菜を加熱し終えたら、中性洗剤で洗います。

その後、オリーブオイルなどの植物油を薄く塗ります。

以上でシーズニングは終了です!

3  嬉しい4点セット販売!

さてこの鉄板、なんと4点セットなんです(*^_^*)

以下のものが入っていますよ↡

① ヘラ

上の画像のいちばん左側に見えるのが、ヘラですね!

こちらのヘラですが、新潟県の燕三条で作られていますよ( `ー´)ノ

燕三条って、どんなところ?

新潟県の北部に位置する町です。

古くから、作業工具や金物などの金属製品の生産が盛んです。

世界的にも、鍛冶の技術は評価されています。

つまり燕三条は、日本が誇る有数の金物の町なのです('ω')ノ

燕三条で作られたヘラですから、品質は抜群によさそうですよね🥰

② 手作り取っ手

燕三条製のヘラの右隣は、手作りの取っ手です。

突然ですが、皆さんはキャンプ先でバーベキューをすることがあると思います。

その時、手汗が付いてヘラが錆びてしまった経験はありませんか?

あるとしたら、この鉄板ならその苦い経験とはサヨナラですね(^_-)-

なぜなら、この取っ手もヘラもステンレス製だからです!

ステンレスはとにかく錆びにくい素材です。

初心者でも扱いやすく、水洗いなどのメンテナンスもお手軽です。

さらに、このヘラと取っ手を分けることで、調理効率が上がる設計なのです!

鉄板をつかみながら調理をすることもあるかと思います。

そんな時は片手でヘラを扱い、もう一方の手で取っ手を持って調理ができます。

普通の鉄板ならば取っ手とヘラが分けられていなかったり、

取っ手が鉄板に付属しているため片手で調理ができないだけに...。

この鉄板は機能性まで重視して作られているんですよ( `ー´)ノ

③ リネン製の収納袋

手作り取っ手の右隣はリネン製の収納袋です。

これに入れて持ち運べば、取っ手と鉄板が散らばる心配もないですよね!

4 まとめ

いかがでしょうか?

ご紹介した男爆鉄板のポイントをまとめると、このようになります。

  • 鉄板は山の多い山梨県の職人が、手作業で製作!
  • 鉄板には、シーズニングという作業が欠かせない!
  • ヘラは世界的に有数の金物のまちである、燕三条製!
  • 取っ手もヘラもステンレス製!錆びにくくメンテナンスが簡単!
  • ヘラと取っ手が分かれているので調理効率がUP!

ちなみに男爆鉄板は、なんでも焼くことが可能です(^^)/

肉や魚はもちろん、卵、パンまで焼けてしまいます。

そのため、単なるキャンプ用品としてではなく、日常生活でも使えますよね!

また、この鉄板は大きさのバリエーションが豊富です。

厚みが薄いものから2.3mm・3.2mm・4.5mm・6mm・9mmと5種類もありますよ!

さらに大きさは小さいものから、メスティン・Lメスティン・ふちあり・BIG・メガ!

5種類の厚みと大きさでバリエーションはなんと25種類も存在しています!

お好きな厚さと大きさで、あなたも熱い男になってみませんか?🔥

以上、大久保鉄工より、男爆鉄板でした!

商品はこちらからご購入いただけますよ👇

大久保鉄工