「北海道キャンプ情報メディア」札幌を中心に北海道全域のキャンプ情報を発信しています!

キャンプアイテム「ハンマー」の良さ・特徴・ポイントに注目!

テント立てやペグを打つ時、他にも様々なシーンに利用できるハンマー、キャンプ・アウトドアでは何かと必要・欠かせないアイテムのひとつです。

また、地面の状況によってハンマーの使い分けすることで、どんな地面状況でもテントが立てられるはずです。

ぜひ様々なアイテムを参考にしてください。

サンゾクマウンテン角ジェイソン

まず、初めに「サンゾクマウンテン」のおすすめアイテムを簡単に紹介します。

キャンプアイテムの中でも人気が少しずつ上がってきているサンゾクマウンテン(山賊山)はご存じでしたか?「サンゾク(山賊)」と言うぐらい、特に男性の方に人気のあるアイテムになっています。

サンゾクマウンテンとは?

一度見たら忘れなれない印象を放ち、デザイン性がユニークなのも特徴のひとつです。

サンゾクマウンテンは、全てが自社制作のオリジナルアイテムになっています。

コンセプトは「心地いいキャンプ」となっていて、いろんなデザインがあり利用していると心地良くなりキャンプ場もより楽しめて、想像を超えていきワクワクするアイテムでいっぱいです。

「ジェイソン」とネーミングは怖そうに感じますが無骨のハンマー、先端の部分を丸・四角・六角と選べるようになっています。

ゴツゴツとした取っ手部分にもインパクトがあり、一度見たら忘れないですね。

今回のサンゾクマウンテンの「ジェイソン・ハンマー」は、アマゾンさんにのっていないですが、おすすめなアイテムだったので文章で説明させていただきました。

違うサイトショップなどで拝見してみてください。

他にも、おすすめなハンマーアイテムを紹介!

こちらも一度見たら忘れられない、印象のあるハンマー

Bush Craft(ブッシュクラフト)

ブッシュクラフト・ブッシュドリル28550

木材で何かを作る時に便利なハンマー、穴を開けるのにはお手の物!スムーズに素早く穴を開けることができる優れものアイテムです。

物作りなどが趣味な方にも利用されていて、穴を貫通させるのはもちろん、途中で止めることも出来るので自身の好きなようにアイテムを作ることができます。

使い方としては、上の写真のようにパイプの部分に丁度良いサイズの木材(木枝)を通してハンドルに変身させて、コルクを抜く道具のように回して使用します。

ハンドルに差し込む木材をキャンプ場で探すのから、冒険が始まったかのように感じられますね。

ブッシュクラフト・ブッシュドリルは、日本製のドリルの刃になっていて、制度が高いのでどんな木の種類にも対応できるのがポイントです。(例えば、乾燥した木・生木など)

購入したばかりの新品の状態では、アイテムの表面にべたつきを感じると思いますが、それは防錆剤なので気になる方はふいてからお使いください。

ドリルの部分がシルバーカラーの色違いがありますので、お好みで選びましょう。

保管方法は、直射日光や高い温度の場所での保管は避けましょう。(防錆塗装の効果が落ちてしまうためです。)

ブッシュクラフト・ブッシュドリルは、木類に使用するアイテムなので木以外の物に使うのは避けましょう。

ネットショップ・アマゾンさんの星の評価も高いので、おすすめなアイテムになっています。

サイズ 長さ(全体):約225mm 長さ(ドリル):約140mm 木を通す部分の幅:約27mm重量:約270g 日本製 カラー:ブラック

次に、便利な二刀流アイテムを紹介!

Seaward

テントアクセサリー・ステイクハンマー(アルミハンドル・ハンマー)

ヘッド部分がステンレス製で出来ていて、持ち運びやすくて・使いやすいハンマーになっています。

アルミニウム合金は、アイテムの重さを軽くして持ち運びがらくちんで、ステンレス鋼で作られているので、耐久性や堅牢性に優れています。

何度も再利用されているところが魅力のひとつです。

もちろんハンマーとしても打つ面積が広いので命中しやすく打ちやすいので、しっかりと狙いを定めれるところが強みです。

ハンマー以外にも様々なことに利用できます。

例えば、ビンのキャップを開ける・釘を抜く時などたくさんの使用方法があり、他にも自己流で使い方を見つけよう!

シンプルなカラーなので、テントやキャンプアイテムに何でのマッチしやすく、シルバーなのですぐに目に入り見つけやすい・探しやすいですね。

取っ手部分とハンマーの部分の「CLS」の大きなワンポイントや、取っ手の手前の部分のオレンジのストラップもオシャレでポイントです。

サイズ 長さ:約30.5cm ハンマー長さ(打つ部分):約4cm ハンマー(ペグを抜く部分):約9cm 取っ手の筒:約3cm

素材(ヘッド部分):ステンレス (ハンドル部分):アルミニウム合金

まとめ

ハンマーとしての利用以外にも、他にも利用できるメリットが備わっていて注目する部分がたくさんあります。

また、耐久性も強化されているのでよりパワーアップしているところにも目が離せませんね。

これから新しく出てくるアイテムに、更に注目していきたいです。

この記事を書いたのは「ゆき