「北海道キャンプ情報メディア」札幌を中心に北海道全域のキャンプ情報を発信しています!

キャンプの椅子は安いのも便利!おすすめのキャンプチェア

キャンプで大事なグッズと言えば、テントやシュラフなど色々あると思いますが
キャンプにおいては、椅子もテントやシュラフなどと同じくらい必要不可欠なグッズです。

寝る時以外はずっと立っている、なんていうわけにはいきませんし、
座った方が自然の景色をじっくり眺められたり、落ち着いたキャンプができたりといったような
利点がありますので、キャンプをする際には是非持っていきたいものです。

ですが、キャンプの椅子は正直値段が高めなんですよね…。

椅子に限らず、アウトドア用品は高いものが多いのですが
キャンプ初心者には少し厳しい価格帯だと思います。

ですので、今回はキャンプ初心者でも手が伸ばしやすい椅子をご紹介します!

キャンプの椅子を手に入れるメリット

1.外でも普段のような食事ができる

まず一番に思いつく利点は、やはり食事ですよね。

普段、家で食事をする時はほとんどの人が椅子に座って食べていると思いますが
アウトドア用の椅子とテーブルさえあれば、自然の中でもいつもと変わりなく食事ができます。

家の中でしたら床に座って食べることもできますが、
キャンプの際に地面に座って食べるのは流石に気が引けると思いますので
これだけでも必要性が高まります。

2.寛ぎながらキャンプができる

椅子があれば、温かい飲み物を飲みながら景色を楽しむことができますし、
自然の中で寛ぐというのは意外と普段やらないことだと思うので、贅沢なひとときを味わえます。

3.焚き火を囲みながら話しができる

ファミリーキャンプやグループキャンプの際は、家族や友人といつもと違った環境での会話を楽しめます。
これもまた"寛ぐ"と言えますが、キャンプは寛ぐことも醍醐味の一つだと思いますし、
複数人でやるキャンプこそ食事が楽しいと思いますので、椅子はとても重要です。

キャンプの椅子を選ぶ際の重要なポイント

キャンプの椅子を買うには自分のスタイルに合わせて選ぶ必要があります。

その一つの基準として、キャンプにはハイスタイルとロースタイルというものがあります。

ハイスタイル

ハイスタイルは、ざっくり言うと椅子やテーブルの高さが高めのものを使うスタイルです。

ハイスタイルは基本的に大きめのものが多いので、
ソロキャンプがしたい人は運びづらい物が多くなるという点であまり合わないかもしれません。

ただ、立ち上がることが多かったり、家のように広々とした食事がしたい場合はオススメのスタイルですね。

ロースタイル

ロースタイルは、逆に椅子やテーブルが低いものを使うスタイルです。

近年、流行ってきているロースタイルは、本当に地面に近い高さの椅子やテーブルを使って食事をしますので、
立ち上がる際はハイスタイルより少し面倒になってしまいますが、腰を深くしてゆったりと座れるのでリラックスできるスタイルです。

ソロキャンプをやる人にはオススメですが、家族キャンプや大人数でやるとなると、基本的にはハイスタイルの方が好ましいと思います。

この点を踏まえて、自分に合った椅子を選ぶことが大切です。

キャンプにおすすめのアウトドアチェア3選

・キャンパーズコレクション アームアクションチェア ネイビー P-230(NV)

サイズ:幅81×奥行53×高さ83cm
収納時:直径約20×長さ83cm
重量:3.06kg
材質:フレーム=スチール、生地=ポリエステル100%
座面の高さ:約40cm
耐荷重:約100kg

アウトドアチェアと言えばこれ!と思わせるベーシックな椅子になります。

座面の高さが40cmなのでハイスタイルでキャンプがしたい初心者には特におすすめです。

カップホルダーとキャリーバッグが付いており、耐荷重が100kgまで問題ないということで
安価であるにもかかわらず、なかなかの機能性を持っています。

「自分に合ったキャンプチェアが分からない」という人は
まずこちらを購入してみるのも良いかもしれません。

あまり合わなかったとしても、キャンプの際には十分使えますし、
これに似たアウトドアチェアを選択肢から除外できます。

安価なので痛手にならないところも安心できますね。

・Coleman(コールマン) デッキチェア ST サイドテーブル付き

サイズ:使用時/約87×52×高さ77cm、収納時/約16×52×高さ77cm、
座面の高さ:約44cm、座面幅/約50cm
重量:約5.5kg
材質:シート/ポリエステル、フレーム/スチール
耐荷重:チェア/約100kg、サイドテーブル/約5kg

大半のアウトドアチェアは、カップホルダーの場所が肘掛けの前辺りに付いているので
不安定に置いても問題ないペットボトルなどくらいしか置けませんが、
こちらの椅子は小さなサイドテーブルが付いていて、マグカップを固定して置ける
カップホルダーまで付いていますので、これ一つさえあれば軽い食事くらいなら問題なくできてしまう優れものです。

また、持ち運び用のハンドルも付いているので、折りたたんで簡単に運べるという点でも考えられています。

先程の椅子よりは値が張りますが、それでもこの機能性を考えると安いと思いますので購入する価値はあると思います。

Coleman(コールマン) デッキチェア ST サイドテーブル付き

・キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用品 椅子 ラコンテ ロースタイル イージーチェアUC-1503

組立サイズ:(約)幅570×奥行720×高さ610mm
収納サイズ:(約)長さ780×150×140mm
製品重量:(約)2.3kg
材質:構造部材:鉄(エポキシ樹脂塗装)、張り材:ポリエステル、クッション材:ウレタンフォーム
座面の高さ:(約)150mm
耐荷重:(約)80kg

最後はキャプテンスタッグから出ているキャンプチェアです。

座面の高さが15cmsしかないので、脚を伸ばしながらリラックスして座れます。
ロースタイルの方が良いという人にはこちらがおすすめです。

シンプルなデザインですし手が伸ばしやすい値段なので、今までハイスタイルだったけれどもロースタイルに挑戦してみたい
と思っている人にもおすすめの椅子です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用品 椅子 ラコンテ ロースタイル イージーチェアUC-1503

まとめ

記事を書いていて改めて、キャンプにおいての椅子が重要なグッズの一つであると僕も思いました。

ハイスタイルとロースタイル、どちらが自分に合っているかを考えながら椅子を選べば
大失敗することはないと思いますので、是非じっくり考えてから購入してみてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事を書いたのは「白ぬこ